四国中央市土居町概要

位    置
四国のほぼ中央、愛媛県東部の瀬戸内海側に位置する。
東西10km、南北12km、面積8,668ha、
東経133°25′13″北緯33°56′54″
自    然
南に四国山地、北に瀬戸内海が広がり、平野部の中央を2級河川「関川」が流れている。
気候は瀬戸内海特有の温暖寡雨で、時折強風で名高い日本三大局地風「やまじ風」が吹くことがある。
四国中央市人口
(土居町人口)

88,058
人(平成30年4月30日現在)
(15,986人)

世  帯  数
(土居町世帯数)

38,924世帯(平成30年4月30日現在)
(6,911世帯)
沿      革
昭和29年3月、6ケ村が合併して土居町が誕生
平成16年4月、4市町村が合併して四国中央市が誕生
地域づくり
キャッチフレーズ

土居三山のもと人集い人輝き、
新たな文化を創造するまち土居町

地域づくりコンセプト
誇れるふるさと、語り合えるまちづくり

特  産  品
赤石五葉松・山の芋・里芋・みかん・乾海苔・里芋焼酎(やまじごろし)・山の芋焼酎(うまの風)・清酒(琴の誉)・山芋入り饅頭(つぐね三笠・赤石育ち)

主な公共施設
文化会館(ユーホール)、図書館、暁雨館、農村環境改善センター、福祉センター、老人憩いの家、保健センター、隣保館、汚泥再生処理センター、やまじ風公園、すすきケ原入野公園、大地山公園、関川河川敷公園

主な観光地
東赤石山、二ツ嶽、赤星山、柾木の滝、敬天の滝、機滝、大川の大楠、赤石渓谷、浦山渓谷、皇子渓谷、やまじ風公園、大地山公園、すすきケ原入野公園、村山神社、延命寺、西福寺


 詳しくは…四国中央市のホームページへリンク